雨が降る月曜の午後に微笑んで

「グラタン」が好きという人もいれば、嫌いという人もいると思う。なにも思わない人も。あなたが考える「サイクロン」って、どうだろう?

眠らない起業家は愛想がない

HOME

笑顔で跳ねる家族と僕

行きたくて行きたくて仕方がなかった地、と言うのは真鶴。
初めて知ったのは真鶴という題の川上弘美の文庫本。
内容が深く、私の未完成な頭では、いまだに深い感心はできていないと思う。
でも、登場する真鶴地方の様子が好きで、まだ見ぬ真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県熱海市と、神奈川県との中間に位置する所が真鶴半島。
半島の先が真鶴岬。
岬の先、海から見えているのは三ツ岩という大きな岩が3つ。
一番大きな石の上には鳥居があって、潮が引くと歩いて向かえる。
縁があって、話の中のこの光景を観光することができた。
私のカメラのメモリーは真鶴の写真がいっぱい。
旅館のお兄さんにまた来たいと話すと喜んでくれた。

薄暗い火曜の夕方に外へ
少年は非常にお腹が減っていた。
もう少しで夏休みという頃、学校から早足で帰宅しているときだった。
蝉ももうやかましく鳴いている。
日光は強く、夕方にもかかわらず、まだまだお日様は高かった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はあまりにも空腹だったので、とっとと帰宅して何か美味しいものを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、まだ鍋にずいぶん残っていた気がする。
ご飯もたぶん、余りが冷蔵庫にあるはず。
少年は早くカレーを食べようと、早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がいっそう流れてきた。

余裕で自転車をこぐ君とわたし

きのうは、一カ月ぶりに大雨になった。
アジ釣りの約束を友達としていたのだが、雷が鳴ってきたので、さすがに危なそうで行けなかった。
確認したら、雨が降っていなかったので、やはり行くということになったのだが、釣りに行く道具の準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
次の機会にと言って道具をなおした。
明々後日からは晴れが続くみたいだ。
その時は、次こそ予定を立てて行ってみる。
次の機会にと言って道具をなおした。
明日からは晴れらしい。
なので、今度こそ行こうと思う。

雹が降った祝日の朝にビールを
江國香織のストーリーに登場する女の人は、陰と陽を潜めていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することをそこまで責めない。
だけど、運命的に大切に思っているのは旦那さんだけのたった一人。
なんて主人公が多いような気がします。
旦那意外との恋愛を陰だとすれば、本命は陽。
ふと、別の自分が入ったように陰が現れる。
結婚以外での恋愛に関する価値観は置いておいて、登場する女性を見つめる。
自分の中に新たな恋や見かたが姿を見せることもたまにある。

控え目に口笛を吹くあいつと濡れたTシャツ

日本には、数えきれないくらいのお祭りが開催されているようだ。
実際に確認したことはないけれど大変よく知っているのは、秩父夜祭りである。
圧倒されるような彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見たときには、実際の様子を写したDVDや実物大のそれらを見た。
寒い冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
体験したいし見たい祭事の一個だ。
秩父夜祭とは逆に、夏に開催されているのは、福岡県の放生夜があるが、生きている者の生を奪う事を禁じる祭り。
江戸時代は、この祭事の開かれてる間は、漁も禁止されたとの事。
代々続くお祭りも大事だが、私はリンゴ飴の屋台も同じくらい大好きなのだ。

ゆったりと歌う友達とファミレス
久々に、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
2人とも、私が通っていた大学の同級生で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、勉強していたのがトラベル全般と英語なので、旅が大好きな生徒たちでいっぱいでした。
とくに、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色んな土地へ旅をした思い出は懐かしい。
私はもともとそれ程仲のいい友達が多くないし、しかも十分だと満足しています。
だから、とても嬉しい言葉だけど、すぐ横で麻衣子が満足そうな顔をしていたのも喜ばしい事でした。

笑顔で走る父さんと冷たい肉まん

大変甘いお菓子が好きで、甘いお菓子などをつくります。
普通に泡だて器で一生懸命混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作成していたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで焼いてみた、めっちゃ楽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるようにもしています。
甘味料がちょっとでもニンジンやかぼちゃの甘さがあることによって、好んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて言葉もメディアであるからごくふつうだけども、大学の頃は、お菓子を焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、そういう男が増えたねと言われる。

喜んで叫ぶ君と横殴りの雪
少年は夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みに入って1週間くらいたった夏の夜だった。
暑さと湿気で寝苦しく、熟睡できなかったのだろう。
せんぷうきは部屋の空気をかき混ぜているだけで、全く涼しくない。

暑くて眠れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作る事にした。
冷蔵庫の中を確認し、肉と野菜を用意して、料理し始めた。
空が明るくなってきた頃、台所からは、美味しそうなカレーの香りが漂ってきた。

喜んで吠える妹と失くしたストラップ

南九州の老齢の主婦の方は、その日その日、お花を霊前にあげているから、なので、切り花が大量に必要で、切り花農家もわんさかいる。
夜間、車で走っていると、菊の栽培の灯火が頻繁に夜間、車で走っていると、菊の栽培の灯火が頻繁に視野にはいってくる。
住家の照明はたいそう少ない田舎なのだけれど、電照菊光はちょくちょく目にとびこむ。
菊の為の光源はちょいちょい目についても人の行き来はとってもちょっとで街灯のライトもめちゃめちゃわずかで、危ないので、学生など、駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

寒い大安の夜明けは座ったままで
最近は、防波堤に釣りに行ってない。
毎日とても気ぜわしく出かけられないのもあるが、しかし、大変日差しが強いので、行きにくいのもある。
加えて、休憩中に近くの釣り場を観察していても多く釣れている様子が全くないから、楽しみにして行きたいとは思わない。
とってもしこたま釣れていたら我慢できずに行きたくなるのに。

サイト内カテゴリ

クマ

サイト内カテゴリ


Copyright (c) 2015 眠らない起業家は愛想がない All rights reserved.